酵素の力を大切にする食事ができていますか?

そもそも酵素って何?

私たちの体では2種類の酵素が活躍しています。食べたものの消化をつかさどる消化酵素と消化により取り入れた栄養を体に活かす代謝酵素です。代謝酵素が活発になればなるほど体の中のめぐりがよくなり、無駄な脂肪を蓄えることなく健やかに暮らすことができるでしょう。しかしながら人が持つ酵素の量はあらかじめ決まっています。その中でまず使用される消化酵素の量が多すぎると、代謝に使うための酵素が足りなくなってしまうのです。食べたいものを好きなだけ食べていると、代謝に使われなかった余分なものは脂肪としてどんどん体に蓄積されてしまいます。

代謝酵素に活躍してもらうには?

消化酵素の使用量を減らすには、食事の内容を見直し、消化の負担を減らすことです。まず第一に、よく噛んで食事をしましょう。忙しい現代人はさっと食べられるファストフードに走りがちです。またせっかくきちんとした食事をとっていても、よく噛まずにどんどん飲み込んでしまっては、胃や腸への負担は軽減されません。特に食べ過ぎは絶対にいけません。次に、食事の内容ですが、油っこいものや甘いもの乳製品の摂り過ぎはいけません。一般的に「まごわやさしい」とされる、豆類、ゴマなどのナッツ類、わかめなどの海藻、野菜、魚、シイタケなどのキノコ類、イモ類を中心にバランスよく摂るように心がけましょう。

酵素のバランスがよくなるとこんなメリットが

正しい食生活を心がけ、代謝酵素が有効に活用されるようになると、体に余分な脂肪がつきにくくなり、便秘の悩みも改善されるでしょう。また、食べ過ぎなどの悪習慣が改善されれば余分にエネルギーが消費されなくなるので、その分午後からの仕事で頭が冴えるというような思いがけない変化を感じる人も多いはずです。体が生産できる酵素の量は年齢とともに減少してしまいます。体に優しい食生活を実践しながら、乳酸菌を多く含む発酵食品を多くとるように心がけたり、市販の酵素ドリンクで栄養を補うことも大いにおすすめです。

ダイエットを考えるなら酵素ダイエットがおすすめです。酵素を摂り入れながらダイエットをすると無理なく痩せられ、太りにくい体作りに役立ちます。